市議会議員

お勧めブログ

  • かぶれの世界
    予想外に早く来た母の介護で計画通りに行かず、先行き不透明の早期退職した団塊世代です。
  • 岩沼物語
    神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします
  • 何でも言わせて、keicyanブログ
    好き勝手に言わせてもらいます。
  • Nakanishiのホームページ
    トレッキング、秘境辺境、遺跡等旅の写真集
  • 武隈の里
    貞観大津波で多賀城国府が被害を受け、仙台平野が水浸しの中、しばらくは、国府の役人は武隈(現在名 岩沼)で住まいした。

OCN 検索

Powered by Blogzine[ブログ人]

最新ブログ人一覧

2014/09/02

いい加減な議会が懲罰

 まったくもって駄目な議会。とても低レベルな議会。なんと体(てい)たらくな議会。体たらくとは「好ましくない状態」などのすがた・ありさまを現します。私に対する懲罰が『会期中の出席停止』に議会で決まったからだけではありません。

 今定例会が本日より始まり会議の冒頭から懲罰議案が審議されました。まず始めに懲罰委員長である飯塚議員の「報告」そして「質疑」、「討論」、「採決」と進みました。

 「質疑」は宍戸幸次議員が議会の最高規範である議会基本条例の観点から、「どのような質疑を行ったのか」それに対し飯塚委員長は「していない」と述べるに留まりました。審議のポイントの問いかけだったが、「品位品格に適切ではない、欠ける」などと答弁が不十分で曖昧だった。

 それは次の「討論」の中で反対を表明した大友健議員が、「懲罰提案理由を審議していない」との指摘をしました。提案理由にある「須藤議員は・・・都合の悪いことが生じるとこれを封ずるような発言を行っている」とはいったいどの発言を指すのか。

 また、「須藤議員の発言が請願権を行使しようとする市民を委縮させ、逆に市民に対して圧力をかけていると、言わざるを得ない」などについての根拠を全く審議すらしていません。審議どころか動議提案者に懲罰委員会は理由を述べさせない。

 懲罰という議員にとって重い決定を下す委員会が、もっとも重要な懲罰動議提出者の理由を聞いていません。つまり、議案を提出した理由も聞かず、審査することなく数の力による数の論理で、提出者の言い分を丸々飲みこんだ形です。

 これがまかり通るのであれば、岩沼は提案理由の説明を聴くことなく、そのまま議案を通すようなものです。それでは議会の機能が全く機能していません。岩沼議会それ自体が要らなくなると言うことです。

 本日はそのことだけで体たらくな、いい加減な議会と表現したのではありません。賛成討論をした松田議員が先週28日の懲罰委員会で、大友健議員が「請願の主旨を答えられずに休憩を求めた」と発言しました。これに対し、大友健議員が「議事進行」を宣言。

 髙橋孝内議長はこれを無視。「これをもって討論を終結いたします」と言いかけ、宍戸幸次議員が反対討論。宍戸幸次議員の反対討論が終わると、再度「議事進行」を宣言(大きな声で発言しました)しかし、これも無視。そして賛成討論があり、その後にようやく「議事進行」を認めた。

 議会事務局のスピーカから聞こえてくる、髙橋議長の議事整理は不公平さそのもの。大友健議員は松田議員に「休憩を求めたなどと言っていない」と反論です。確かに先週の懲罰委員会で大友健議員は、休憩を求めていなかった。このことは議会事務局のスピーカを通じて伝わってきました。

 その後審議した中身を大友健議員から聞いた。先週の会議録を飯塚委員長だけが見ていて誰にも提示することなく、発言の主旨すら詮議せず、一方的な解釈で閉じてしまった。このような審議が岩沼議会の象徴であり、髙橋議長の議事整理です。全くいい加減な議会から私は懲罰に付されました。

 いい加減な議会に年間2億円、、、岩沼市民に必要な議会か。

2014/08/30

新聞に名前が出たのは

 昨日は用事があり、帰宅が深夜頃で遅かった。ブログを書こうと思っていたが、疲れがどっと出て止めることにした。疲れた原因は、昨日の新聞記事にあったように『不当な懲罰』である。新聞に名前が出たのは複雑な思いがありますね。
Photo

 見出しに「『言論封殺』は無礼な言葉」「岩沼市議会で懲罰とうとう5回目へ」と大きく出ています。岩沼市議会は髙橋孝内議長になって、2年間で5回もの懲罰動議が出され成立しようとしている。「議長の議事整理がなっていないのでは」と市外の方から指摘された。

 議事整理も関係しているが、議会内の感情が『懲罰』になっている。本来の議会活動ができていないのが、残念な結果であり議会の有り方が見いだせていないように思われる。誰のための議会か、岩沼は議員の事しか議論になっていないのです。

 昨日は河北新報からも記事が出ていたので、お二人から電話をいただいた。お二人とも「大丈夫か」と励ましの電話でした。なんとありがたいお言葉か 『言論封殺 岩沼』で検索すると、市議会の恥部を県内?いや全国にここは晒しているのです。

 このことをどれだけの議員が自覚しているのだろうか。記事にもあるが『言論封殺』は本当に無礼な言葉なのだろうか。それをどれだけの議員が判断できているのだろうか、明確な理由もないままに出席停止と懲罰委員会は重い判断を下しました。(重い判断というより、単なるイジメと思われる判断と解釈すれば、まさに低レベルな議会ではありませんか)

 今日はこんなことをブログに書こうとしていたわけではありません。(最近は愚痴が多くなったな~)本日の河北新報に「土砂災害に警戒区域指定加速を」県市長会の会議があり「県へ要望することを一致した」とありました。

 広島で発生した土砂災害を受けて「宮城県は土砂災害警戒区域指定が他県に比べ遅れを取っている」と報道されていました。そのことを受けてか、仙台市奥山市長が警戒区域指定のため抜本的な対策を講ずるよう県に求めることを提案し、賛同を得たとありました。

 20日に発生した広島の土砂災害はこれまで72人が亡くなり、2人が行方不明のままです。先のブログでも書きましたが、23日の段階では死者・行方不明が90人と報道されていました。情報が錯綜していたのでしょう、未だに捜索活動が続いています。

 甚大な被害を前に、県市長会では防災計画の策定にも影響するでしょうから、切実な対策を求めることはタイムリーな行動だったと思います。岩沼市も土砂災害警戒区域指定を急いでいただきたいと想う次第です。 うんっ、新火葬場はどうなるの! ここは確か土砂災害危険区域ではなかったかな。

 こんな批判めいたことを書くと、6回目として新聞記事に?

2014/08/28

全会期出席停止の懲罰

 「えーっ、今日懲罰委員会があったの。知らなかったな~」懲罰委員会が昨年6月議会以来一年ぶり(今回の懲罰は8/5にも開催されています)、私への懲罰として『9月議会のすべてが出席停止』となった。そのことを伝えた際に言われました。

 それにしても委員会傍聴は新聞記者が2社、議員1名と数名の傍聴者があったと大友健議員から教わりました。どこから情報を得たのかなと思いつつ、関心が集まることは良いことです。次の議会は来週火曜日10時~九月議会が始まりますよ。

 岩沼市役所の情報公開室から、今月5日に開催された『懲罰特別委員会』の会議録を取り寄せることにした。議員が委員会の会議録を自由に収集することに制約を課す議会だから、このような行動をとらなければなりません。(これって、窮屈ですよね)

 委員会決定は本会議の議決を持って決定されますから、早ければ来週火曜日に決まり22~23日間の議会に出席できなくなる。また、岩沼市議会は出席停止の場合、報酬の返納を決めているので一か月の日割り計算で返納をさせられる。そのことを考えれば、岩沼市議会は議員への単なるいじめみたいな懲罰議会です。

 私が一体何をして全会期中の出席停止になったのか。それはまたしても言論です。それも『馬鹿』とか『アホ』『死ね』などの不穏当な言葉ではありません。自由な言論は無く『事実に基づかない発言及び情報発信をしてはならない』と議会の憲法といえる議会基本条例で改正したからでしょうか。

 本日の委員会の様子を別の部屋(私は傍聴ができません)で聞いていましたが、何がなんだかよくわからない議員の発言があった。言葉尻を捉えて申し訳ないが(私の場合は言葉尻を捉えれている)、事実に基づかない発言でした。

 松田委員 (私に対して)「根拠のない発言、憲法上許されない発言、いい加減な発言」何が根拠がないのか、どれが憲法上許されない発言なのか等々例示もなければすべてが私に対し中傷的でした。大友健議員から質疑され、答えられないと「大友議員は理屈をこねている」等々、他にもたくさんありました。

 沼田委員 「須藤議員は市民から広く意見を聞くと言っておきながら、都合が悪いことは非難することは問題だ」また「何が何だかわからないのが(いわぬま)アシストだ」そして「議員は評論家ではない」だって。評論して何が悪いのか、謎です。

 そればかりか、私のブログを持ち出し関係のない議論を出すことが論外で、懲罰委員会の主旨から外れる議論です。それにしてもブログも書けない議員が、他人のブログを批判してばかりです。他の委員会では「嘘ばり書いている」と言ってはばからない。本当のことを書かれると気まずいのでしょうね。

 布田(一)委員 「言論の府だからと言って、間違ったことを言ってはならない」「(一般質問で)執行部に対しての議論ではない」そして「請願者に対する発言だ」と一方的に決めつける。私は間違ったことを言ってないし、請願者へは何も言ってませんよ。事実で無いことを、勝手に決めつけることで良いのですか。

 前回(8/5)の懲罰委員会の会議録を読み再度検証してみようと考えています。懲罰にあったことが何が悪いのではなく、議員たる方が何を言いたいのか、全く理解ができなかった懲罰委員会だったからです。

 懲罰に賛成した委員で説得力がある議員は誰も居なかった。

2014/08/23

広島の土砂災害に想う

 会社勤めしていたころに、長野県出身の方が宮城に転勤していました。その方曰く「長野に土地を買いました。長野は土地が高いのですよ!」と聞いたことがありました。「平野部が少なく山際に宅地開発されたところを買わざるを得ない」とのことでした。

 平野部は農地で家屋を建設することが出来ないから、どんどん山側へ開発された宅地を購入したのだそうです。山間部を切り開いて宅地を開発するので、高い擁壁などがあり土地の価格は当然高価になるようでした。10年以上も前の会話でした。

 広島県で発生した土砂災害のニュースを見てこの会話を思い出しました。広島市安佐北区では今月20日に観測した1時間雨量は101㎜に達し、3時間の雨量は217,5㎜となったそうです。(この土砂災害で想うことがありました)

 考えただけでもぞっとするような数字です。なぜなら、平成6年9月に岩沼市を襲った洪水は1日での総雨量が400㎜を超えていました。地域によって差はありますが1時間の最大雨量が50㎜を超えれば、ゲリラ豪雨の対象と考えてもいいでしょう。(1時間に100㎜は想像を絶します)

 広島市の土砂災害では今日の時点で死者49人、行方不明者41人になっているようです。被害が大きかった安佐南区は、広島市中心部から車で20~30分くらいのところにあると報道されていました。大変住みやすい所だったのでしょうね。

 災害が起こった沢沿いに建設された家屋は、何十年か前には住宅が無い写真がテレビに映し出されました。大変悲惨な土砂災害になっています。その地区は土砂災害危険区域にも指定されていませんから、住民は安心して暮らしていたのだと思います。

 しかし、この地区の土砂災害の大きな原因の一つに、花こう岩が風化した『マサ土』があり、もろい地層であることが指摘されています。日本各地で一年間に発生している土砂災害件数はこの10年平均(h14~23:国土交通省調べ)で1,150件、がけ崩れ箇所数は年間1万を超えるともいわれています。

 自然災害の多い日本は地震、台風、洪水、諸々ありますが、最近では竜巻までもが発生しています。今回の土砂災害は1時間に100㎜以上も降った影響はありますが、山側に家を建てなければ大きな悲劇は起こらなかったのではないかとも考えてしまいました。

 ところで岩沼市が建設を進めようとしている新火葬場建設予定地の付近にも、土砂災害危険区域に指定されている箇所がありました。実際に平成6年の洪水災害では志賀地区の県道が不通になり、土砂災害も数か所あったと。また、それだけではなく市内の至る所が洪水で、床上浸水や交通の遮断などを含む大変な被害でした。

 災害は忘れたころにやってくる。人災にならない政策にね!

2014/08/09

低レベルな岩沼市議会

 『議会基本条例』の草分けと言えば北海道栗山町議会が発祥です。ところで議会基本条例って何?と思われる方もいるでしょうね。何のために議会基本条例が必要なのでしょうか。議会に身分を置いていますが、私もうまく説明できません。

 そこで基本条例の簡単な説明をご紹介します。議会基本条例で検索すると『首長らが条例案を説明し、議員は質問するだけという地方議会のあり方を見直し、活発な論議を促すのが目的』(kotobank.jpより)とありました。(わかりましたか!)

 そのほかにも記載されていますので、興味がある方は検索してみてください。基本条例は議会が市民や執行部側に存在感を示し、議会を改革し変えていこうとしたものです。議員間の自由討議や執行部側への反問権を認めると言った、画期的な条例制定だと思います。

 そのネットの下の方に『議会基本条例の関連情報』として、『言論の場 言動理由に懲罰』また『「言論の府」懲罰多発 岩沼市議会で』とありました。岩沼市議会の現状が全国にネットで配信されていました。

 本日の朝日新聞、宮城県内版トップにも岩沼市議会が掲載されていた。
 Photo

 岩沼市議会も議会基本条例を制定しています。私が議員になって1年目から検討され、平成22年3月末日から施行されている。しかし今年4月に第7条で『確たる事実に基づかない発言及び情報発信を行ってはならない』などと、改正された。(私と大友健議員は反対しました)

 北海道栗山町議会の基本条例策定に関与されたのが、新聞記事にコメントされた『神原勝・北大名誉教授』です。このコメントが辛口で、記事には「岩沼市議会の争いは、そうした改革の流れからかけ離れたレベルの低いものだ」とあります。(レベルの低さは本当で、相当なものですよ!)

 懲罰についてですが「岩沼市議会のやり方はおかしいと思いますよ」と発言し、市議会を冒とくしたなどと解釈される。(これって、日本語がわからないと思いませんか)そうは言ってないが、不本意ながら議場で謝罪したにもかかわらず「誠意が無い」と懲罰動議が出される。(一昨年6月議会でした。ちなみに会議録では「岩沼市議会のやり方はおかしいと思いますよ」は全て削除されています)

 その後の懲罰委員会は一時間超で終了し『出席停止』が決定となる。本来なら、『陳謝』という懲罰にし、議場で謝罪をさせる方法があり、その陳謝も拒否した場合は出席停止がある。議員の身分に関する懲罰がいとも簡単に決定しているのです。

 しかもそれだけでは飽き足らず懲罰期間の延長や報酬の返納など、この2年間で決めています。地方自治法には無い岩沼市独特の規定をしています。(これも最低だと考えています)。議会基本条例の改悪に始まり、感情剥き出しの懲罰動議は、イジメを連想させませんか。市議会を低レベル、いや最低にしてしまった感がある。

 他にも意外なことを岩沼市議会は決めています。本会議や委員会の録音を聞くことが『申し合わせ事項』で規制され聞きにくくなる。また、その会議録をコピーすることは禁じられており、私たち『いわぬまアシスト』は委員会等の会議録を、情報公開で入手しています。

 低レベルな岩沼市議会は、そんなことばかりやっている。

2014/08/08

台風で夏まつりも中止

 のろまな台風11号のため様々な影響が出ています。10日前の報道では台風のスピードが時速15kmとか報道されてましたが、やっと25kmなり日本上陸は確実のようです。このスピードがもたらす影響は計り知れないものがあります。

 台風の影響から直撃を免れている東北地方でも、前線の影響のため南から湿った空気が雲となり関東や東北など広い範囲で大雨になっています。例年なら前線がもっと北に位置していると思うのですが、偏西風も北側にあるため台風のスピードが速くならないみたいです。

 午後から降り始めた雨の影響で、コボスタで行われることになっていた楽天vsオリックス戦も中止になりました。楽天戦の中止をネットで検索していたが、中々報道されず4時台の電車で向かいました。仙台駅到着前に中止がわかり引き返しました。

 明日予定していた土ケ崎町内会の夏まつりも中止になりました。本来なら翌日曜日が順延日でしたが、日曜日も含めて中止になりました。最近はなんにも良いことが無いな~

 昨日お知らせした盆踊りは、残念ながら中止です

2014/08/07

夏まつりのため草取り

 『あっ~、ガッカリ』『何をやっているんだ、楽天は(怒)』 昨日ブログをアップしようと、原稿をある程度書きこんでいました。楽天vsロッテ戦をネットで眺めながらの書き込みでした。9回裏で5点差がありもう大丈夫、と思っていた、、、のはずが。

 それが6点取られて最悪の大逆転負けに、どこかの高校野球じゃないんだから、、、あまりにショックでブログのアップを止めた。そして今日も延長10回、1-2のサヨナラ負けでした。気持ちを切り替えて、、、最近良いニュースがありません。

 今度の土曜日(8/9、16:00~)は土ケ崎町内会の『夏まつり』が土ケ崎2丁目公園で催しされます。毎年、土ケ崎町内会の夏まつりは盛大です。公園に特設のやぐらを組み、お囃子の生演奏(太鼓や笛など)で唄も演歌歌手による生演奏で盆踊りです。

 写真は一昨年の様子です。
Photo

 夏まつりは老人会の踊りや、子供会のよさこい踊りなどたくさんの方で盛り上がり、ボランティアみたい出店などの協力もあり、多くの方が参加しています。今年も担当される役員の方が短冊を作ったり、七夕の吹き流しを作ったり準備を進めています。

 当日の天気予報はいまのところ曇りですが、昨日ブログをアップしようとしたのには理由がありました。それは昨日の早朝に老人会の方々が公園の草取りをしていたからです。連日真夏日を記録していますが、昨日も朝から雲一つない快晴でした。
Photo_2

Photo_3

 早朝2時間できれいに草取りを行った公園の片隅に、大量の草が片づけられていました。その前日までは15~20cm程度に草が生い茂っておりました。あの暑さの中で目に見えない所で頑張っておられる方々に感謝・感謝また感謝です。

 確か楽天戦を観戦した際に、こんな言葉『笑顔のために』を思い出す。私たちの身近に夏祭りのため、みんなの笑顔のために汗をかいている方がいます。いい話だったと思ったので紹介しましたが、2日後の土曜日は土ケ崎2丁目公園で夏まつりです。

 良かったら来て見てください。一緒に盆踊りおどりませんか。