市議会議員

お勧めブログ

  • かぶれの世界
    予想外に早く来た母の介護で計画通りに行かず、先行き不透明の早期退職した団塊世代です。
  • 岩沼物語
    神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします
  • 何でも言わせて、keicyanブログ
    好き勝手に言わせてもらいます。
  • Nakanishiのホームページ
    トレッキング、秘境辺境、遺跡等旅の写真集
  • 武隈の里
    貞観大津波で多賀城国府が被害を受け、仙台平野が水浸しの中、しばらくは、国府の役人は武隈(現在名 岩沼)で住まいした。

OCN 検索

Powered by Blogzine[ブログ人]

最新ブログ人一覧

2014/04/16

行政調査は頭に乳酸菌

 NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』に糠床が出ていましたね。この漬物が美味そうだったのか、カミさんが「熟成済ぬか床」なるものを購入してきた。

 ごちそうさんでは昔ながらの陶器に、主人公が糠床をよくかき混ぜる様子がありました。購入したものはプラスチック製のひょうたん型ですが、実際に糠床をかき混ぜてみると絵にならないというか、ぎこちない。

 この糠床で漬けた漬物は結構おいしいです。出来上がっている糠床に新鮮な野菜を水洗いし、水気を切って入れるだけで作り方は簡単です。半日も漬ければ出来上がりで、漬けすぎるとしょっぱくなる。

 糠床は毎日手入れをし一日一回は上下にかき混ぜないと、酸っぱくなったり臭くもなり糠床が長持ちしなくなる。乳酸菌をコントロールするための労は惜しまずなのです。

 5月は議員が懸案の事例などを研究する、行政調査なる研修行事があります。各常任委員会ごとに他の自治体に赴き、先進事例などを学んできます。

 私が所属する教育民生常任委員会は、まだ視察先が決まっていません。相手先の自治体が視察を受け入れていただくことで、行政調査は成立します。

 慣例というかこれまでは2泊3日の予定で、自治体を3か所視察してきました。視察の内容も3通りありますし、移動するにも制限があります。例えば北海道に行ったら予算上東京方面には行けません。

 主に北海道・東京近郊・中部や関西方面などとなっているのが通例です。残念ながら予算上、九州や四国には行けません。また、離島などは移動に制限がある。

 研修内容によっては、日本で数例しかないところには依頼が殺到しますから、受け入れる自治体は混雑します。行きたいところが一か所駄目だと、他の地域を探すことになります。

 行政調査は頭に乳酸菌を入れるための勉強だが、糠床のように半日でおいしく出来るほど、簡単なものではない。視察地を探すためにパソコンとにらめっこが続く。

 百聞は一見に如かず、そのための努力は惜しまず

2014/04/10

STAPとお粗末な話

 新聞折り込み広告を見ていたら「スタップ募集」と見てしまい、目を凝らしよく見ると「スタッフ募集」でした。今年一月末に発表され世紀の大発見が、捏造とか不正と騒がれていたので、勘違いしてしまった。

 STAP細胞の研究論文に不正があったとされ、会見で小保方晴子さんは執筆過程にずさんさを認めました。がSTAP細胞の存在は肯定したものの、真実は不明なままのようです。この論文内容は衝撃的で世界中が注目しているから、関心が高いのでしょう。

 代わって、岩沼市議会の話です。髙橋孝内議長宛てに『申し立て』なるお願いの文書を提出し、本日、森繁男副議長より口頭での返事がありました。(話のレベルが急に下がって、お粗末な話です)
Photo

 納税証明書提出が3日遅れたことにより、私と大友健議員は『市議会だより』に完納していることが、掲載していただけないため、お取り計らいをお願いしました。

 つまり4月末に配布予定の市議会だよりに、完納と記載できるようよろしくお願いします。ということでしたが、結果的にはダメとのこと。(厳しすぎるよね)

 失念(忘れていた)していたことは悪いのだけど、たかが数日の遅れで、発行に影響するものではありません。私達の会派が間違ったことや遅れたことは、正副議長から大きな問題として扱われていると思います。
Photo_2
Photo_3
Photo_4

 私も大友健議員も納税に滞納はありません。たった数日遅れただけで、全議員の納税状況を公表する欄に「完納」の文字が、私達には入らなくなりそうです。(私達の完納に不明さはありません)

 提出することが少し遅れたことは捏造でもなければ、不正でもありません。正副議長によるの『いじめ』みたいと思えてなりません。実は2年半前にも同じようなことがあったと思い出しました。

 H23年12月にあった市議選を前に発行された『市議会だより』は、私の懲罰が大々的に掲載された。間違った内容の言葉は文言も訂正し謝罪しました。懲罰を受けるとは考えにくいことが、選挙前のためか懲罰を受けた。(ちなみに大幅なイメージダウンがありました)

 今回も4月末に発行され、6月1日は市長選の告示を控えています。私達に対するイメージダウンを狙ったのか、大人げない正副議長の判断ではなかろうか。

 お粗末な話に誰も感心示さない、次は高尚な話に。

2014/04/09

みんなの党8億円借入

 『夢や希望』『無限の可能性』等々、新入生を励ます言葉がいくつもありました。本日、中学校の入学式に議長代理の来賓として出席し校長、市長、議長、PTAの順で式辞や祝辞を新入生に述べました。

 昨日見たピカピカの小学一年生とは違い、中学一年生には大人の言葉が通じることに嬉しく思いました。これから3年間でますます成長し、価値判断も含め素晴らしい中学生であることを期待したいです。

 『政治と金』という言葉はいつ頃からあるのだろうか。たぶん私が生まれる前からあった言葉だと思うが、最近久しぶりに世間を賑わしているのではないだろうか。

 いわゆる金権政治ですが、選挙のために多額のお金が動く。昨年は猪瀬東京都知事が徳洲会から5千万円を受け取っていた問題が発覚し、辞任に追い込まれた。

 今度は『みんなの党』渡辺代表がDHC会長から、8億円もの巨額借入していた問題が発覚しました。党代表を辞任することになったが、議員辞職などは否定したとあります。

 みんなの党は2009年に立ち上げ、発足からわずか5年ではあるが、一時は衆・参合わせて30名ほど在席していた時期があります。その後は『結いの党』などが分裂し現在に至っているのはご存じのとおりです。

 みんなの党が掲げた政策で思い出すのは、脱官僚ではなかったかと思います。公務員の給与削減や天下りを禁止しようとしたことで、多くの支持を集め地方議会まで議席を確保していました。

 最近では自民党にすり寄り、足並みを合わせたことで、みんなの党の存在感が薄れた感じが私にはありました。政治は数の力で歩調を合わせれば、存在感を発揮することがあるかもしれません。

 国も地方も首長が絶大な権限を持ち、政策を立案執行することが出来ます。議員に執行権限はなく、未来に無限の可能性を秘めたお金の使い道について、賛否出来たらいいなと考えます。

 首長と相反する意見を持てば、政策に反映させることは難しい。しかし、首長の考えが間違っているとしたら質していくことが、議員に科せられた役割だと思うし、議会にも夢や希望はあると考える。

 8億円の疑惑なお金に、夢や希望の言葉が無い。

2014/04/08

桜も入学式を祝福して

 桜が新一年生のお祝いをするように咲いてくれた。開花したばかりだが、初々しい入学式に桜の開花はなんとなく絵になるようで、桜も祝福していると思える。

 岩沼西小学校の入学式に髙橋議長の代理として出席しました(議会事務局からは検査入院と言われたが、だいぶ長い検査入院みたいです)。

 182名の新入生は約40分程度の式でしたが、誰も騒ぐことなく落ち着いた様子で着席していました。周りとおしゃべりをすることもなく大変立派でした。

 新入生より多いと思われる保護者と、我々来賓や教職員などの大人に囲まれながら、小さな小さな新一年生は緊張することなくのびのびとしていたように感じた。

 名簿に書いてある名前は、漢字とひらがなが、書いてあるから読める。漢字だけではとても読めない名前が多くありました。中には初めて見る漢字もあった。

 『子』の字がついている女児は2名しかいませんでした。NHK連続テレビ小説『花子とアン』では主人公の花が「花子と呼んでくりょ」と、名前に無理やり子をつけています。

 男児に限っては『男』『夫』『雄』などと『お』で終わる名前や『一』で終わる名前は見当たらない。『まお』『みお』『りお』『れお』は6名もあったが、うち男児は1名です。

 私達の時代は『子』の文字が付かない女子は少なく無理やりでも、子をつけていたように思われました。55年の月日は名前の流れを大きく変えたものだと思う。

 今日見た児童の面影は6年後に皆無となるように、子供は一年ですごく変わります。毎日見ていると気づきませんが、久しく会わないと大きくなったと感じます。

 児童が生徒に変化して、明日は中学校の入学式。

2014/04/07

桜は咲くが更新されず

 我が家の前の公園にはソメイヨシノが数本植えてあり、開花しました。桜が咲くと桜にちなんだ俳句『桜より松は二木を三月越し』岩沼にある名勝『二木の松』を、松尾芭蕉が詠まれ岩沼ではとても有名?な俳句です。その句を想い出す。

 岩沼市議会の様々な会議、特に「議会運営委員会」の会議では、私達の会派『いわぬまアシスト』のブログが議題に上がってきました。沼田元議長は委員会で私達のブログに「嘘を書いている」と平然と発言される。

 そのためか議会事務局の事務室には『議員のブログ』なる分厚いファイルが存在します。事務局議員がブログをチェックすることには、特段気にかけていません。

 その議員のブログファイルを見たわけではないが、ブログを常に更新している議員は私達を含め5人程度です。はたして市議全員のブログを収納しているのだろうか。

 さて、市議の納税状況を議会のホームページは4月1日で公表しました。私は3日に納税証明書を提出したにもかかわらず、いまだに『未提出につき不明』のままです。

 公表の冒頭には『納税状況は、議員本人から納税証明書の提出を持って確認することとしており「未提出につき不明」については議員本人から納税証明書が提出していないことから納税状況の確認が取れていない状態をいいます』とある。

 この文言を読み取ると納税証明書を提出すれば『未提出につき不明』の文字が更新していいはずなのに、、、確かに提出は3日遅れたけれど、催促もなくネットに更新することが、良いことなのか。

 議員にとって必要な議会基本条例の一部改正が更新されました。私のブログは議会事務局のファイルに収容されているとしたら、過日のブログも見ていたと思われます。ただ残念なことに議会基本条例規則が2通りあって紛らわしい。改正前の規則も存在することは、完全に更新したと言えないと思う。

 沼田元議長が口にするブログについて『嘘を書いている』は、納税証明書に無いはず、委員会などで取り上げられることもなく、議題にも上がらないはずです。

 ネットはいつでも更新可能ですから、いつでも更新してしかるべきと考えます。嘘偽りがあってはいけませんが、我が議会では間違いを嘘偽りのように解釈される場合があります。(日本語解釈が正しくされてないからですかね)

 ネットは情報をいち早く発信することが出来るアイテムです。ネットの役割を考えると市議会ホームページ更新へ、こだわりがあってしかるべきと考えます。桜は咲きましたが残念ながら、納税公表についてのネットは更新されません。俳句ならぬ

 川柳で一句『ネットならいつでも更新可能だよ』

2014/04/04

市議会と水仙の花言葉

 水仙の花言葉を調べたら、「うぬぼれ」「自己愛」「心づかい」「エゴイズム」「尊敬」「片想い」等々たくさんあります。花言葉は水仙の種類や色でも花言葉は変わるみたいで、どれも本当の花言葉みたいです。
H

H_2

 16年前、現在の住まいに引っ越した際に、義父から頂戴した水仙の球根は2~30個程度でした。毎年増え見事に咲いてくれる水仙は、我が家の風物詩です。

 岩沼市議会のホームページで『議員の納税状況』 が、4月1日にアップされました。先の3月議会で議員の納税を公表することになっており、納税証明書を3月31日まで事務局に提出することになっていた。

 3月10日に閉会した後は、年度末の多忙さで提出することをすっかり忘れていました。忘れていたのは私と大友健議員だけでしたが、議会事務局からは連絡が無いままホームページに掲載されている。

 岩沼市議に『未納』はありませんけど、私と大友健議員の納税状況は『未提出につき不明』となっています。つまり未納か、完納か不明なのです。大友健議員は4月2日に、私は昨日の3日にそれぞれ提出した。

 今日の時点では完納と修正されていません。ホームページ上には「3月31日に提出締め切りとしていたことから・・・」と記載されている。締め切りに提出されていないから直さないよ、とでも表現したかったのかな?

 昨年12月議会で『議会基本条例』の一部改正が可決した。内容は第7条で『確たる事実に基づかない発言及び情報発信を行ってはならない』と改悪されました。

 また、議会基本条例、第9条の『政務活動費』も削除することに改悪されました。どちらも今年4月から条例の一部改正を施行するはずです。しかし、ホームページの議会基本条例に一部改正した形跡は見受けられません。

 「パブリックコメントに対する議会の対応」ということで、第7条などは改正(案)として掲載しています。本来なら施行日の4月になれば(案)は無くなり条文を直すべきです。

 第9条の政務活動費に限ってはそれすらありません。(そもそも市の条例も変えていないから条例通り請求すべきかな?) 議員の納税よりも、条例改正を先にアップすることが大切と思うのですがね!

 提出期限を順守しなかったことは、私に非がある。忘れたことを「うぬぼれ」だと自画自賛しているわけではありません。忘れてしまうことは誰にもあるはず、間違いは誰にでも起こり得るから「心づかい」があってもいいのでは。

 岩沼市議会は水仙の花言葉が、似合っているかな

2014/04/03

コボスタに見る楽しさ

 昨日は今季初のコボスタに行って、新人松井裕樹投手のデビュー観戦。多くのファンが球場に来ていました。適地西武相手に3連勝で臨んだ後を受け、地元開催は多くの期待を抱かせながら、、、ため息になった。

 今日もテレビ観戦でしたが、オリックス相手に3連敗です。昨年は先制されても、そのうちに逆転するだろうと安心していました。が、今年は打線がつながらない。

 まだペナントレースは始まったばかりですが、昨年の優勝がファンとしては頭から離れない状況下です。気持ちの切り替えは必要なのに焦っているのかもしれません。

 私達が主催しているスポーツ少年団『岩沼ジュニア・ランニング・クラブ(Jr・R・C)』がもうすぐ始まります。今年15年目を迎えた新年度会員(小学2~6年生)はなんと76人です。

 Jr・R・Cは今週土曜日に『開講式』を行います。事務局としての準備が大変で、書類をまとめても会員が遅れて申し込みをしてきます。これまでも随時加入は受け入れてきましたが、通常は50人弱の申し込みでした。

 昨年、Jr・R・Cは宮城県大会で男子4×100mリレーに優勝し、全国大会(横浜)に出場しました。この大会はクラブチームで参加しますから、各学校や市内などの制約はありません。

 かけ足の速い子供たちが集まって、チームを作ることが出来ます。よって、県内からの寄せ集めでも良いことになります。しかし、我がチームは生粋の岩沼だけで、チームを組み優勝したのです。

 『何で優勝できたのかな』と思いつつ、『やはり指導力だな』と考えてしまう。そんな噂でも聞きつけたのか、今年の加入数はJr・R・C始まって以来の人数です。

 小学校時代に早く走れる子供は、瞬発力に関する『白い筋肉』を持っています。Jr・R・Cに足の早い子だけが、入会してくるわけではありません。小学校の高学年になると素質+努力が加味されてきます。

 しかし、小学生に努力を強いてはいけないと考えています。走ることが好きなもの、得意なものに変えて、且つ楽しいことだと思えるように努力しています。

 好きなことや得意なものは、一人で感じられるが、楽しいと思えることは一人じゃ生まれないことだと思います。友達や周りの協力を感じながら、励まされることで楽しいと感じられたら、継続できるし強くなれるのではないかと考えます。

 コボスタに見る楽しさは応援すること。頑張れ楽天